大学案内

中日本自動車短期大学について

卒業生2万3000人を輩出する
日本随一の自動車整備士養成大学

中日本自動車短期大学は、昭和40年代の高度経済成長に伴う自動車産業の急成長に合わせ、社会が求めるハイレベルな自動車整備技術者を養成することを目的とし、1967(昭和42)年、神野(じんの)浅義(あさよし)初代理事長によって設立されました。 常に社会のニーズに応える良質な技術者の育成を推し進め、全国各地で活躍する卒業生総数は23,000名を超えています。(2014年3月末)

設立当初は二級自動車整備士の養成を目的としていましたが、自動車板金整備業界や四年生大学編入など、多様化する進路指向に合わせたコースの開講を推進、現在では一級自動車整備士、二級自動車整備士、自動車車体整備士など多種目の自動車整備士を養成する工業系短期大学としての地位を確立しています。

さらに海外からの留学生受入も積極的に進め、出身各国の発展に寄与する直接的な自動車技術の教育に加え、技術教育の理解をより効果的にする日本語教育も充実させました。(留学生別科)

2009年にはレース業界で活躍できるエンジニアを養成するため、モータースポーツエンジニアリング学科を新設しました。これも多様化する社会ニーズに答えたもので、本学が所有するフォーミュラ・カーを使った実践的かつ興味深い教育を行っています。

今の時代は特に人間力が求められています。社会に適応するコミュニケーション能力、常に自己研鑽する向上心、情況を的確に読む判断力、積極的で前向きな実行力など、人間力をベースとする技術者が求められており、これは本学の建学精神である「技術者たる前に良き人間たれ」に通じています。本学は2008年度からCD(キャリア・デザイン)教育を本格的に開始し、少しずつではありますが、より質の高い技術者の養成を進めています。

中日本自動車短期大学は今後も社会に求められる優れた技術者の育成に努めていきます。

中日本自動車短期大学の沿革

1967年
  • 2月
  • 4月
  • 学校法人神野学園設立
  • 中日本自動車短期大学 第1回入学式
1968年
  • 2月
  • 10月
  • 自動車工業科定員400人に文部省より認可される
  • 自動車工業科の卒業生に2級自動車整備士の受験資格認定される
1971年
  • 2月
  • 自動車工業科定員600人に文部省より認可される
1981年
  • 9月
  • 3号館(教育棟)完成
1984年
  • 4月
  • 車体工学コースを開設
1985年
  • 4月
  • 9月
  • 電子機械工学コース・自動車工学コースを開設
  • 総合グランド完成
1986年
  • 9月
  • 1・2号館(教育棟)完成
1987年
  • 3月
  • 8月
  • 10月
  • 新敬愛寮完成
  • 4号館(実習棟)完成
  • 開学20周年式典を挙行
1988年
  • 3月
  • 11月
  • 6・7号館(実習棟)完成
  • 5号館(実習棟)完成
1993年
  • 4月
  • 専攻科 自動車工学専攻 開設(定員20人)
1995年
  • 3月
  • 新学生ホール完成
1996年
  • 4月
  • 機械工学コース・進学コース開設
1997年
  • 10月
  • 開学30周年記念式典を挙行
1998年
  • 4月
  • コース教育の整理統合
  • 自動車機械コース・車体整備コース・総合教養コース開設
1999年
  • 4月
  • 専攻科 車体整備専攻 開設(定員20人)
2000年
  • 2月
  • イタリア国立フェラーリ工業専門学校と姉妹提携
2004年
  • 4月
  • 1級自動車整備士養成課程スタート
2008年
  • 4月
  • 車づくりコース・モータースポーツコース・ボデーデザインコース 開設
2009年
  • 4月
  • モータースポーツエンジニアリング学科 国際自動車工学科 開設
2010年
  • 4月
  • 専攻科 エコカー整備専攻 開設(定員20名)