中日本自動車短期大学

大学案内

第三者評価

第三者評価について(経緯)

1991年、国によって大学教育の大綱化が示され、大学設置基準が大幅に変更されました。これに伴い1992年、神野学園自己評価委員会が設置され、学園内の自己評価が始まりました。中日本自動車短期大学も学内の体制を整え、1994年に中日本自動車短期大学自己点検・評価実施規程を作り、その点検・評価を実施することになりました。

1995年には、中日本自動車短期大学の点検・評価をもとにした全学教職員と理事・評議員を交えた第1回シンポジウムが開かれ、実質的な自己点検・評価の歩みが始まりました。それ以降、毎年年次報告書の形でまとめを残しています。更に2001年には本学と新潟工業短期大学との間で相互評価が合意・実施されています。

学校教育法の改訂により、2004年(平成16)年度から、大学・短期大学は教育研究、組織運営及び施設設備の総合的な状況について、文部科学大臣の認証を受けた認証評価機関による評価(認証評価)を定期的に受けることになりました。

大学を取り巻く社会環境の大きな変化に伴い、(1)質的保証・向上に関する高等教育機関の取り組み (2)大学における人材教育のあり方(企業等の指摘)が厳しく問われる時代となったことから、中日本自動車短期大学はいち早く短期大学基準協会の実施する第三者評価を受けることとしました。このことは、今までの自己点検・評価及び相互評価を協会の評価基準に基づいて評価されることになり、本学の今後の活動に大いに役立ち、また発展に大きく寄与するものと考えられます。

中日本自動車短期大学は2012(平成24)年度の第三者評価を受けた結果、「短期大学として適格である」との評価をいただきました。本学は今後とも更に「健全で質の高い教育機関」として、責務を全うすることを目標に大学運営を続けて参ります。

適格認定証

平成24年度第三者評価によって公布された適格認定証(原本複写)