大学案内

教育理念

技術者たる前に、良き人間たれ。
人間性豊かな自動車技術者の育成を目指して

本学は、1967(昭和42)年の設立以来、社会が求めるハイレベルな自動車整備技術者を養成することを目的とし、国内外に通用する自動車技術者の育成に努めて参りました。
技術者としてのスキルだけでなく、人間力が求められるこの時代、本学では、「技術者たる前に良き人間たれ」の建学の精神に基づき、より質の高い技術者の養成を進めています。

写真

建学の精神と教育理念について

中日本自動車短期大学の建学の精神は「技術者たる前に良き人間たれ」です。本学は1967(昭和42)年、神野浅義(じんのあさよし)初代理事長が自動車産業の急成長を肌身に感じられ、国内外に通用する自動車技術者の育成機関として、二級自動車整備士を養成する自動車工業科単科の工業系短期大学として設立されたものです。

技術教育の理念が正しく認識、実践される必要性から、神野学園の建学の精神は「優れた技術は人に幸福をもたらし、誤れる技術は人に災いをもたらす。技術は人が造るなり。故に、技術者たる前に良き人間たれ。」です。「技術者たる前に良き人間たれ」は本学をはじめ、岐阜医療科学大学、中日本航空専門学校が共有して建学の精神として掲げています。

教育理念は「人間性豊かな自動車技術者を育成し、教育研究を通じて社会に貢献する」です。本学は建学の精神を反映して教育の本質は人間性の涵養にあるという信念の下に、社会の健全な発展に貢献できる人間性豊かな自動車技術者の育成を目指して教育理念の再構築を行いました。

教育目標

教育目的は、学則第1条(目的)「本学は教育基本法及び学校教育法の精神に則り、広く知識を授けるとともに、深く自動車工学に関する専門の技術を教授研究し、その応用能力とすぐれた人格を涵養し、もって社会に有用な実践力に富む人材を育成することを目的とする」によって定めています。具体的には、以下の教育理念・教育目的に対する全学的な5つの教育目標を示しています。

  • 1. 個性を尊重し、教養豊かな人格を涵養する。
  • 2. 社会的責任感と技術者としての倫理観を備えた人を育成する。
  • 3. 向上心を持ち、自助努力する人を育成する。
  • 4. 考察力・実践力・創造力豊かな自動車技術者を養成する。
  • 5. 幅広い視野を持ち、地域や国際社会に貢献できる人材を育成する。

中日本自動車短期大学は、上記の教育理念に基づき、社会に有用な人材の育成に日々努めて参ります。

各学科のアドミッションポリシー、教育方針はこちらでご覧いただけます。

学科ポリシー

学科ポリシー