• お気に入り
  • 中日本自動車短期大学

お気に入り

よく見るページ、気になるページは「お気に入り」に登録しよう!

各ページの右上にある お気に入りに追加をクリックすると、この「お気に入りBOX」に登録することができます。
目的のページをすぐに開くことができるので、気になるページは「お気に入り」に登録しよう!

  • 「お気に入り」はブラウザごとの登録となります。異なる端末やブラウザで閲覧される場合、お気に入り情報は引き継がれませんのでご了承ください。
  • Cookie情報を削除された場合、端末やブラウザを初期化された場合等は、登録情報がすべて解除されますのでご注意ください。
  • 最近登録したページ
  • よく見るページ
すべてのページ

自動車工学科
車体整備士コース

  • 自動車工学科 2年 + 車体整備専攻 1年

自動車メーカー、ディーラー、保険業界でも活躍できる
「板金」「塗装」のエキスパートを目指す!

  1. 1

    自動車車体整備士国家資格を
    取得できる!

  2. 2

    自動車メーカーから保険業界まで
    活躍フィールドが幅広い!

  3. 3

    デザイン、製造、カスタマイズ、
    特殊技術を身につけて
    オリジナルの自動車を!

車体整備とは、板金加工やフレーム修正、溶接、塗装などの特殊技術分野。
本コースでは経験豊かな教員が指導し、職人技とも言える車体整備技術を習得。授業の一環としてカスタムカーなどの車両製作にも挑戦します。卒業後に「損害保険アジャスター(※1)」として活躍するケースが多いのも特色です。
車体整備士コースでは、「自動車工学科(2年)」卒業後に「車体整備専攻(1年)」へと進学します。

※1:アジャスターは自動車事故が起きた際に、自動車の損傷状態を調査、損害額の査定を行う専門家です。また、物損事故調査員として、弁護士のもとで示談交渉の補助業務も行います。

学びのPOINT

プロの現場並の装置、機器を駆使して、高度な板金・塗装技術を習得できる!

徹底的に体を動かして、職人技に少しずつ近づいていきます。
大学祭に向けて、少数精鋭のチームでレストア・カスタムカー製作にも挑戦!楽しみながら学ぶことができます。

ボデーリペア実習
クルマのゆがみ、へこみやキズを直すのが車体整備。フレーム修正機や塗装ブースなど大がかりな設備の使いこなしが必要な反面、ボデーを美しく仕上げるには細かな職人技が必要です

取得できる資格

  • 自動車車体整備士[国家資格]
  • 1級自動車整備士[国家資格]
  • 2級ジーゼル自動車整備士[国家資格]
  • 中古自動車査定士
  • 有機溶剤作業主任者技能講習修了資格
  • ガス溶接技能講習修了資格
  • 低圧電気取扱業務特別教育修了資格

カリキュラム

1週間の時間割例(1年次後期)

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1限 ボデーリペア実習Ⅱ ボデーリペア実習Ⅱ 車体整備論Ⅰ 車体修復技術  
2限 車体整備論Ⅱ 車体材料学  
3限 車体材料学 車両損害調査論  
4限      
  • 実習

「専攻科 車体整備専攻」1年課程のカリキュラム

学科
  • 車体整備論Ⅰ・Ⅱ
  • 車体修復技術
  • 車体塗装工学
  • 車体構造Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 車体材料学
  • 車両損害調査
実習科目
  • ボデーリペア実習Ⅰ・Ⅱ
  • カスタムペイント実習
  • インターンシップ
  • 角野 方則さん
    • 専攻科 車体整備専攻
    • 角野 方則 さん
    • 栄徳高校卒

    Student’s VOICE

    学んだ知識を活かして自分の車をカスタマイズ

    高校の先生の勧めで入学しました。2級自動車整備士の資格が無事取得できたので、クルマに関する深い知識・技術を身につけたいと思い、車体整備士コースに進学しました。NACは塗装ブースなどの大型設備が充実していますし、先生も学生もクルマへの情熱が厚いです。今熱中していることは、今自分が持っている知識・技術を使って自分のクルマをカスタマイズすること。将来は自分の会社を立ち上げ、地元の人に頼られる町のクルマ屋さんになりたいです。

    • 自動車工学科 車体整備専攻
    • 小椋 稜也 さん
    • 関有知高校卒

    Graduate’s VOICE

    ネッツトヨタ岐阜株式会社 内定! 取れる資格は全て取得しました!

    大学で取得できる資格は全て取得しました。授業や先生の話を聞いて自動車の基礎知識を習得できていたので、企業の方と車の話をする時にスムーズに受け答えができたのだと思います。会社説明会は何度も参加して、入社したい気持ちをアピールしました。