• お気に入り
  • 中日本自動車短期大学

お気に入り

よく見るページ、気になるページは「お気に入り」に登録しよう!

各ページの右上にある お気に入りに追加をクリックすると、この「お気に入りBOX」に登録することができます。
目的のページをすぐに開くことができるので、気になるページは「お気に入り」に登録しよう!

  • 「お気に入り」はブラウザごとの登録となります。異なる端末やブラウザで閲覧される場合、お気に入り情報は引き継がれませんのでご了承ください。
  • Cookie情報を削除された場合、端末やブラウザを初期化された場合等は、登録情報がすべて解除されますのでご注意ください。
  • 最近登録したページ
  • よく見るページ
すべてのページ

INFORMATION

ニュース・リリース情報

一覧に戻る

NGK SPARK PLAG SUZUKA 2&4 RACE

2019年04月21日

2019年シーズンSUPER FORMULA Rd.1 SUZUKAはニューシャシ「SF19」のデビューで始まった。

マシンの足元を固めるのは横浜ゴムが供給するワンメイクタイヤ。

 

研修先になるチームルマンは、トヨタ製ターボ付き2000cc4気筒エンジンでエントリーする。車両は#7、#8の2台で、NACがS-Fのピット研修へ参戦するようになって5年目を迎える。

昨シーズンと異なるシャシでトラブルが続出し、波乱のレースとなった。NACからはこのチームに研修生4名が参加し、ピット設営作業とイベント会場作業に別れて研修が行われた。(2019年4月19日~21日)

 

【全日本ロードレース】

2019年シーズンも全日本ロードレース選手権の最高峰クラスJSB1000でピット研修に参加する。夏の「コカ・コーラ鈴鹿8時間耐久ロードレース」に直結する1000ccビッグバイクの戦いとしても注目されている。今回、#51(チームモトキッズ)で研修予定だったが、ライダーが怪我をしたため、急遽#40(ルート17MOTORCYCLES#27)に研修生4名を派遣することになった。マシンはホンダCBR1000RRでエントリーしている。チームモトキッズの車両ヤマハYZF-R1は、車検だけ受けることとなり、これは研修生に任された。NACがJSB1000チームへピット研修生を派遣するようになり2年目を迎える。(2019年4月19日~21日)

S-Fは金曜日の朝、ピット設営作業を行う。今シーズンはヨコハマタイヤを履く。

 


 

 

ホスピテント、トランスポータ、バナーがひしめきあう。通路はファンの方々も行き交うので各チームとの交流も深まる。

土曜日午前のフリー走行(60分)。公式練習で、マシン2台の状況を把握してセッティングを行う。

#7はデグナーカーブを抜けた付でクラッシュしてフロント破損、タイヤに砂が付着したので、その汚れを、洗い落とす。


 

【コメント4】

午前のフリー走行(Bグループ) CBR1000RRのピット作業

 

 

鈴鹿サーキットのパドック裏は広く、各チームや部品関連企業のブース、飲食店が数多く出展されており、ファミリー向けの楽しいイベントも開催されていた。写真のような車両も展示してあった。

レースは土曜日が晴天に恵まれたものの、日曜日は曇り空状態。コンディションは、気温が低く路面状況に合わせたセッティングが難しそうだった。

S-Fは、始めてのシャシによるトライでもあり、ドライバーの慣れない状況の中、フリー走行ではトラブルが続出した。

バイクは、研修先チームを変更出来たことで、フリー走行やメンテナンスが行え、お陰様で決勝に進めた。

 


 

  |