• お気に入り
  • 中日本自動車短期大学

お気に入り

よく見るページ、気になるページは「お気に入り」に登録しよう!

各ページの右上にある お気に入りに追加をクリックすると、この「お気に入りBOX」に登録することができます。
目的のページをすぐに開くことができるので、気になるページは「お気に入り」に登録しよう!

  • 「お気に入り」はブラウザごとの登録となります。異なる端末やブラウザで閲覧される場合、お気に入り情報は引き継がれませんのでご了承ください。
  • Cookie情報を削除された場合、端末やブラウザを初期化された場合等は、登録情報がすべて解除されますのでご注意ください。
  • 最近登録したページ
  • よく見るページ
すべてのページ

INFORMATION

ニュース・リリース情報

一覧に戻る

SUPER GT第2戦富士スピードウェイでのピット研修を行いました

2014年05月13日

MASP3498

<5月3日(土)-5月4日(日)SUPER GT第2戦レースレポート>

 

#9 国立音ノ木坂学院 NAC ポルシェ with DR レース結果

 

2014 AUTOBACS SUPER GT 第2戦 富士 GT 500km レース

5月3日[土] 予選  天候 / コース:晴 / ドライ

予選Q1ポジション:5位(1’38.595)

予選Q2ポジション:12位(1’39.704)

 

5月4日[日]決勝  天候 / コース:晴 / ドライ

決勝ポジション:13位(Best Lap 1’39.922)

 

 

日本で最も人気を集めるレースシリーズ、SUPER GTシリーズ2014年第2戦「FUJI GT 500km RACE」が、ゴールデンウィークの5月2〜3日に五月晴れの富士スピードウェイにおいて開催され、PACIFIC RACING TEAMの#9「国立音ノ木坂学院 NAC ポルシェ with DR」(白坂卓也 / 坂本祐也 / 飯田太陽)は、予選12位からスタートして結果的に順位をひとつ落とした13位でゴールとなったが、長い500kmレースを無事完走。豊富なデータを収穫し、次のレースに向けてひとつ前進する結果となった。

 

 

 

今回のレースで、テレビアニメ「ラブライブ!」で活躍するスクールアイドルユニット「μ’s(ミューズ)」のメンバー9人をボディに描いたポルシェ911 GT3Rをドライブするのは、白坂卓也、坂本祐也、そしてこれがSUPER GTデビュー戦となる飯田太陽のトリオ。飯田はポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)、スーパー耐久にもポルシェで参戦&活躍をしている。車両は今回から規定により重量が10kgプラスとなったが、吸気を制限するエアリストリクターの直径が5mm拡大。パワーが若干増えることとなった。

 

3日は朝から良く晴れ、雪を抱いた富士山もその美しい姿を現した。朝に行われた公式練習では、坂本が1分38秒901の2番手タイムをマーク。ポルシェと富士とのマッチングが良好であることが確認できた。白坂は15周してベストは1分41秒756と特に最後の上り区間であるセクター3で苦戦しているようだった。またGTデビューの飯田は11周を走り込み車両の動きを確認した。

 

気温22℃の14時、参加24台中23台が参加して公式予選のQ1がスタート。上位13台が次のQ2へ進出できる。坂本がタイヤを暖め4周目に公式練習のトップタイムを上回る1分38秒595をマークして5位につけQ1を突破することに成功した。14時40分から行われたQ2では白坂がステアリングを握りコースへ。白坂も1分39秒704まで自分のベストタイムを縮めたが12位。これでスターティンググリッドが確定することとなった。

明けた4日も好天に恵まれ、朝早くから5万7,000人を超えるファンが富士に詰めかけた。朝に行われたフリー走行では6番目のタイム。決勝レースでの追い上げが大いに期待された。

 

気温20℃と絶好のレース観戦日和となった14時、グランドスタンドに応援の旗が揺れるなか、2周のフォーメーションラップが始まった。そしてシグナルがグリーンに変わりバトルがスタート。しかし4周目のストレートエンドで、白坂の背後を走行していた車両がバランスを崩してコースサイドに激しくクラッシュ。ドライバーは無事だったが、車両の排除と散乱したパーツや破片を片付けるためにセーフティカー(SC)が導入された。6周ほどでバトルが再開すると、白坂は14位へ順位を落としながらも走行を重ねていった。17周目、1コーナー先で火災を起こした車両があり消火のために再びSC導入。20周を終了した時点で、6台のGT300車両が給油のためにピットイン。コースにとどまった白坂は労せずして8位へ順位を上げることとなった。

21周終了でバトル再開。しかし29周目の最終コーナーで白坂はバランスを崩してスピン。すぐにレースに戻ったが再び14位に順位を落とすこととなった。レースの1/3を経過した35周前後からルーティーンピットのためにピットインする車両が増えるなか、白坂は42周までコースにとどまり7位でピットイン。ここでGTデビューとなる飯田に交代した。この日、PCCJレースにも出場してダブルエントリーの飯田は、21位でコースイン。GT500車両との混走に戸惑いながらも、1分41秒台をマークするなど落ち着いて堅実なドライブを続けた。そして22周を走って17位でピットインして坂本に交代した。

 

坂本は最後尾となる21位でコースへ。上位を走行する車両と遜色ない1分40秒台前半のタイムをコンスタントに刻んで前を追い、1台1台をかわし終盤の93周目には15位、さらに2台をかわして97周目には13位へ順位を上げたが、100周目にチェッカーフラッグとなりレースは終了。今回は大きな初入賞のチャンスだったが、10位には届かず。しかしながら、前回、今回と入賞は目の前に見えて来た。また500kmという長丁場を走りきることで大きなデータを蓄積できた。次のレースはポルシェとマッチングの良いオートポリスで、さらにアンドレ・クートがチームに合流する予定。チームの初入賞に大きな期待がかかる。

MASP2837 MAS_7915MASP4268 MASP4545

以下、チームコメント

神野元樹監督

「今回は多くのファンや関係者の方々に応援に来ていただき、チームとしても初ポイントを狙っていたのですが、残念な結果に終わってしまいました。しかし2戦続けて入賞目前まで来てチームの士気は上がっています。次のレースではクートも加わりますから、ますます期待してください。そして会場でぜひ盛大な応援をよろしくお願いいたします」

 

水谷晃エントラント代表

「白坂が流れに乗れなかったですね。バトルをして追い抜いたら当てられたり単独スピンを喫してしまったとかありましたが、まだ若いし彼の伸び代には期待しているわけですから、いい経験になったと思いますよ。また飯田選手もいい経験を積みました。それらが大きな収穫でしょう。次はぜひいい結果を残したいと思っています」

 

白坂卓也選手

「他の車両を抜いた直後に当たって、その後の最終コーナーでステアリングを右に切ったらリヤが出てしまい単独スピン。長丁場のレースでしたからいいポジションを作っていきたかったのですが、ペースが上げられずもったいないレースになってしまい、チームに迷惑をかけてしまいました。次は気持ちを切り替えて入賞を目指して戦います」

 

坂本祐也選手

「頑張って走りましたが、抜いても抜いても前はたくさんいました。もう少し上位で争いたかったのですが、仕方がないですね。ポルシェは全体的に速くなったと感じました。それに今回はタイヤとセッティングがうまく噛み合っていたと思います。しばらくレースはお休みになりますが、次乗るときは結果を残したいと思っています」

 

飯田太陽選手

「予選12番手ということで、かなり激しいバトルになると予想していたので、接触がなければ良いなと思っていました。ただ、序盤88号車のクラッシュに危うく巻き込まれそうになり危ないとこでしたが、無事だったので運がよかったのかもしれないです。自分も初戦でスピンや接触もせず走りきれたので、良しとします。

最後に、あと3台抜けばポイントが付いたのでそこだけが残念です。」

 

 

  |